帯広の病院

電子ブック 帯広の病院「電子ブック版」はこちら

とかち泌尿器科

所在地

音更町木野西通15丁目5-90

電話番号

電話番号 0155-32-3232

時間

■月・火・水・金8:30~12:00 13:30~17:00 ■木・土8:30~12:00
【透析】■月・水・金8:30~17:00 ■火・木・土8:30~12:00

休診日

■日、祝日休診

診療科目

泌尿器科

ホームページ

とかち泌尿器科 特集記事

気軽に受診できる環境と苦痛を伴わない最新装置で患者さん本位の診療を実践

とかち泌尿器科

(医)典俊会理事・
とかち泌尿器科 院長

久滝 俊博

札幌医科大学卒
医学博士 日本泌尿器科学会泌尿器科専門医

とかち泌尿器科

とかち泌尿器科 副院長 
武居 史泰

札幌医科大学卒
日本泌尿器科学会泌尿器科専門医


快適な空間で最先端の医療を提供管内拠点病院との医療連携も推進

 「恥ずかしい」という思いが先に立ち、受診が遅れがちになる泌尿器科疾患。患者さんが気軽に来院できるよう「帯広泌尿器科」では西帯広方面、「とかち泌尿器科」では東帯広・音更方面を担い、明るく快適な環境と最先端の医療の提供を心掛け、患者さんの信頼を得る診療を目指しています。現在、両院合わせて5名の泌尿器科専門医を配置し、さまざまな症例に対応した治療や手術を行っています。
 また、地域医療連携により、現在 北斗クリニック、帯広協会病院、本別町国民健康保険病院へ専門医を派遣、さらに本年は、清水赤十字病院、十勝いけだ地域医療センターにおいて泌尿器科外来を行い、管内の拠点病院と協力しながら、患者さんが受診しやすい医療環境づくりを進めています。


痛みや出血量の少ない前立腺肥大症の最新レーザー治療

 また、高齢化社会で増加している前立腺肥大症の治療に力を入れており、帯広泌尿器科では内視鏡による光選択的前立腺蒸散術(PVP)を採用。これは世界中で50万人を超える多くの実績があり、実例の中でその安全性と有効性が数多く報告されている装置です。痛みや出血量が少なく、早期退院・回復が可能になりました。
 「帯広泌尿器科」は、入院病床18床、人工透析室10床、「とかち泌尿器科」は人工透析室16床を備え、尿路感染症、尿路結石症、膀胱炎、尿もれなどの一般的な泌尿器科疾患から、子どもの夜尿症や男性器に関する心配ごとまで、幅広く対応しています。お気軽にご相談ください。

とかち泌尿器科

最新レーザー治療装置で前立腺肥大症を治療