帯広の病院

電子ブック 帯広の病院「電子ブック版」はこちら

帯広整形外科

所在地

帯広市東2条南14丁目1-2

電話番号

電話番号 0155-66-7507

時間

■月〜土9:00~11:30
■月・火・金・土14:00~16:30
■水15:00~18:30 ※運動器リハビリは完全予約制

診療時間
9:00~11:30
14:00~16:30
15:00~18:30

休診日

■木午後、日、祝日休診

診療科目

整形外科、リハビリテーション科

ホームページ

帯広整形外科 特集記事

2人のドクターが活躍患者様の支えとなれるような病院を目指して

帯広整形外科理事長

理事長
市山 廣樹

日本専門医認定制機構認定・整形外科専門医
日本整形外科学会認定・リウマチ医
日本整形外科学会認定・スポーツ医

帯広整形外科院長

院長 
桑原 弘樹

札幌医科大学医学部卒業。整形外科専門医、医学博士、日本体育協会認定スポーツドクター。札幌医科大整形外科、北斗病院を経て、いちやまクリニックに勤務。同クリニックが「帯広整形外科」に名称変更した際に院長に就任。


患者様の間をドクターが移動する開放的な雰囲気の処置室やリハビリ室

 前身は2010年12月に開業した「いちやまクリニック」です。2013年3月に現在地に新築移転したのを機に心機一転「帯広整形外科」に名称を変更して再スタートを切りました。
 整形外科に訪れる患者様は足や腰に痛みを抱え、動くこともままならない状態でやって来る方が大半です。そんな状態で待合室から診察室へ、診察室から処置室へと移動することは容易なことではありません。帯広整形外科では受付から待合室、処置室までの壁の仕切りがなく、清潔で開放的な空間が広がっていることが特徴で、ドクター自身が患者様から患者様へと移動していきます。「痛いのをがまんして患者様が動くよりも、自分たちが動いた方がスピーディーで効率的」という理由ですが、このような些細な気配りや行動が患者様を支えています。


人工関節手術でトップレベルの実績

 整形外科では痛みのある部位に応じてより専門的な知識や技量が必要になります。人工関節手術では膝関節を得意とする市山廣樹理事長と股関節を得意とする桑原院長の2人のドクターが実績を上げてきました。そのほかにも、あらゆる部位に精通した医師や理学療法士が在籍し、それぞれの分野で活躍し、地元のサッカーチームやバスケットボールチームをサポートしています。病院全体で中高生のスポーツ障害や外傷の治療、スポーツ障害の予防などに取り組むほか、高齢者の経年的な身体の変化や神経変性疾患などにも対応。子どもからお年寄りまで、幅広い世代の健やかな生活を支えています。