帯広の病院

電子ブック 帯広の病院「電子ブック版」はこちら

さわい内科循環器科クリニック

所在地

〒080-0020 帯広市西10条南17丁目1

電話番号

電話番号 0155-21-0381

時間

■月・金 9:00~12:00 13:30~16:30 17:30~19:00
■火・水 9:00~12:00 13:30~17:00
■木・土 9:00~13:00 (駐車場あり)

診療時間
9:00~19:00
9:00~17:00
9:00~13:00

休診日

■日・祝日休診

診療科目

内科、循環器内科

さわい内科循環器科クリニック 特集記事

さわい内科循環器科クリニック

生活習慣病の予防指導と早期発見、改善を促すホームドクター

主役である患者さんに、脇役としての医療がどのように関われるかを常に考えています。病気や治療に関する説明も分かりやすく、診察室でもリラックスしていただけるよう、患者さん中心の医療を心がけています。

院長 澤井 仁郎PROFILE

1986年 札幌医科大学卒業 札幌医科大学内科入局
1988年 帯広協会病院第二内科勤務
1993年 帯広厚生病院第二内科勤務
1997年 医学博士号取得
2002年 さわい内科循環器科クリニック開院


 「高血圧、高コレステロール血症、肥満、アルコール過量摂取、喫煙習慣などの生活習慣を是正することにより、脳卒中・心臓病などの循環器疾患の危険因子を回避できます。そこが重要なんです」と話す澤井仁郎院長。
 「日本人の死因の第二位が心臓病です。その中でも特に増加傾向にあるのが、心筋梗塞や狭心症などの虚血性心疾患です。そうした背景には食生活の欧米化による高い力口リ一、高コレステロールの食事が多くなるにつれ、動脈硬化による心臓病が増加しています」(澤井院長)
 澤井院長は、食生活だけではなく現代社会の複雑さに伴うストレスや過労、運動不足も心臓病や高血圧などの要因であると、強く指摘します。これらの事はメディアを通じて私達が知っている事のはずですが、もっと真剣に自分の事としてとらえてほしいと言います。
 「循環器疾患は、日頃は重大な危険因子として自覚できない場合が多いのです。血圧やコレステロールが少々高くても一般的には自覚症状があリません。また喫煙の度に体調が崩れることもないですよね。この自覚しえない不健康な状態を放置することによって、生活習慣病がおこるのです。薬剤による治療よりも、まず自分自身の生活習慣を見直しましょう」(澤井院長)
 そこが、生活習慣病を予防する第一歩。一番大切な部分なのです。
 同院では、全身用ヘリカルCT、コンピュータ内蔵のフルデジタル超音波診断装置などの導入による循環器疾患の診断、治療はもちろん、慢性腎不全に対する透析療法などを中心に、総合病院との連携をとりながら最新の医療サービス提供に力を注いでいます。
 「地域の方々が気軽に来院、的確な診断と治療ができるように努力しています。人工透析室では最新の装置に入れ替えを行い、水処理装置にも配慮し、リラックスした雰囲気で透析を受けられます。患者さんの要望に応え、より良い総合的治療を患者さんと一緒に行えるように工夫しています」(澤井院長)
 循環器という大切な体の機能をいつまでも元気にしておくためのホームドクタ一、そして透析を快適にできるようにと配慮してくれる安心の病院です。
 総合病院との連携も密に、迅速かつ的確な診断と治療を提供したいと澤井院長。患者さんを中心に据えた治療方針で、誰もが安心して訪れることのできるクリニックです。

さわい内科 人工透析