帯広の病院

電子ブック 帯広の病院「電子ブック版」はこちら

つがやす薬局本社

所在地

帯広市東2条南8丁目14

電話番号

電話番号 0155-22-7355

時間

■月~金 9:00~17:45

休診日

■土、日、祝日

診療科目

薬局

ホームページ

つがやす薬局本社 特集記事

つがやす薬局本社

地域に愛され、人にやさしい地域密着型かかりつけ薬局をめざして

代表取締役 薬剤師 
栂安 雅満つがやすまさみつPROFILE

東北医科薬科大学薬学部卒業。1975年東洋薬品㈱創立、1982年つがやす薬局開局。日本地域薬局薬学会学会長、医療法人秀和会理事、日本保険薬局協会理事、東北医科薬科大学十勝支部支部長などの要職を務める。


薬の専門家としてセルフメディケーションの推進に寄与

 日頃から自分自身の健康に関心を持ち、「軽度な身体の不調や病気は医療機関を受診しないで、自分で治す、健康管理を行う」考え方の事を言います。セルフメディケーションの意識が高まることによって、毎日の健康管理の習慣ができ、医療・薬への関心や知識が深まります。皆さんが少し意識をするだけで国の医療費が軽減されます。
 セルフメディケーションの実践には、薬局・薬剤師の存在が欠かせません。「OTC 医薬品」(医師の処方せんがなくても薬局や薬店で購入できる一般用の医薬品)を上手に利用しながら病気を治すためには、薬の専門家である薬剤師のアドバイスがとても大切です。健康についてや、気になる病気について、気軽に相談できる「かかりつけ薬局」を見つけておくことで、より適切な薬を選ぶことができるのです。


健康寿命を支えみなさまに選ばれる薬局へ

  病院を受診した時に投薬のために手にする処方箋。院内薬局や病院に隣接する調剤薬局に提出し、お薬を手にすることが多いかと思います。診察で待たされ、投薬でも待たされ、体調が優れない中、辛い思いをすることも多々あるでしょう。この処方箋こそ、お住まい、または、勤務先の近くにある調剤薬局を利用し、そこを「かかりつけ薬局」にしてみませんか?例えば、病院から薬局に処方箋をファックス送信しておけば、帰宅途中に待つことなくお薬が受け取れます。また、勤務先の近くならば、仕事の途中に受け取ることも可能でしょう。「お薬手帳」と「かかりつけ薬剤師(薬局)」の相乗効果で大きなメリットがあるはずです。
 処方されたお薬が効いているのか、副作用はないのか、最後まで見届けることも私たちの役割ですし、お薬には病気を治す力がありますが、飲み合わせや食べ合わせ、アレルギーなど何らかのリスクも伴います。必要があれば、より患者様に適したお薬へ変更をすることを医師に提案することもありますし、服用するお薬のことを正しく理解していただくために、患者様が納得してくれるまで説明することもあります。これらが調剤過誤防止にもつながっていると信じています。
 ただ、お薬を手渡すだけではなく、医療者や患者様の双方とコミュニケーションをとり、患者様の健康寿命を支えていくことも「かかりつけ薬剤師(薬局)」の重要な役割なのです。


地域の在宅医療と地域の人々の健やか生活をサポート

 近年では、地域医療へのさらなる貢献を目指し在宅医療に力を入れています、薬剤師が医師と同行し、あるいは単独で在宅療養されている患者様のご自宅や高齢者施設を訪問します。お薬を届けるだけではなく、効果や副作用の説明、飲み合わせの注意点など服薬指導も行います。その際に、正しく服用できているか、飲み忘れはないか等も確認し、住み慣れたご自宅や施設での療養生活を安心して過ごせるよう患者様やご家族をサポートしています。
 また、当薬局では独自の健康フェアの開催や地域の福祉健康イベントへの協力のほか、企業様向けの出張健康講座の需要にも応えています。従業員の年齢構成や従事している仕事の内容などに合わせプログラムを組み行っています。お薬に頼らない健康な生活が送られるようにサポートしていくことで、みなさんにとってより身近な存在になれればと思っています。