帯広の病院

電子ブック 帯広の病院「電子ブック版」はこちら

帯広協会病院

所在地

帯広市東5条南9丁目2

電話番号

電話番号 0155-22-6600

時間

■月~金8:30~11:00(自動再来機は8:00~) 13:00~15:00(自動再来機は13:00~)
※午後診療しているのは一部の診療科のみになります
■第1・3・5土8:30~11:00(自動再来機は8:00~)※休診の診療科もあります
※平日でも診療科目により休診日、休診時間があります。お電話にてご確認ください
(インターネットの一部サイトには間違った情報が掲載されている場合があります)

診療時間
8:30~11:00
13:00~15:00

休診日

■第2・4土、日、祝日休診

診療科目

総合診療科、消化器内科、循環器内科、呼吸器内科、小児科、外科、脳神経外科、整形外科、泌尿器科、産婦人科、耳鼻咽喉科、眼科、麻酔科(佐藤 紀)、リハビリ科、精神科

ホームページ

帯広協会病院 特集記事

帯広協会病院

地域センター病院として
地域住民の信頼に応え
充実した医療を提供

地域住民が満足できる医療を提供し、医療機関・施設との連携
及び機能分担を図り、より安全・安心な医療の充実に努めます。

院長 阿部 厚憲PROFILE

自然に配慮した解放感あふれる施設

 帯広協会病院は1937年(昭和12年)、北海道社会事業協会の3番目の病院として開設。以来、82年を経過し、帯広市はもとより、十勝管内に密着した地域医療を担う公的病院として、住民とともに歩んできました。
 開設以来幾多の変遷を経て、1999年(平成11年)に現在地に移転。外観は周囲の景観にも配慮し木を豊富に残し、「えぞりす」が住む敷地にやさしい色調の建物になっています。また、病院内は建物全体が広々とした解放感あふれる造りになっており、従来の病院のイメージを覆すようなゆとりある空間となっています。施設内はバリアフリーで、「ハートフルビルディング」としての認定も受け、患者さんをはじめ、来院される方々をやさしい雰囲気で迎えてくれます。

エゾリス
1Fホール

1Fホール


質の良い医療サービス提供のために

外観

 最新の医療設備・機器を配備し、充実した医療を提供するための人材、体制を整えています。
 帯広協会病院が行う医療も保健も福祉も、すべて十勝、おびひろの人々のためになされるものです。心身に不安を持つ患者さんが病院に何を求めているのかをじっくり考えながら、この施設を利用する方々が、何より質の良い医療サービスを受けられるよう努めています。信頼できる腕と思いやりの心、やさしい笑顔。日常の忙しさや、緊迫した状況にあっても、これらを常に心がけ、地域の人々に信頼していただける病院づくりを目指しています。


地域周産期母子医療センター

 4名の産婦人科医と5名の小児科医が、妊娠初期から出産まで、さらには育児から小児期まで長期にわたって、お母さん、お子さんの成長、健康を見守ります。2018年には新たにLDR(陣痛分娩室)を導入し、安心して出産に臨める環境を作りました。


スポーツ医学・心臓リハビリテーションセンター

スポーツ医学リハビリテーションセンター

 当院では、2009年よりスポーツ外来を開設。2015年には9階の全フロアを改装し、より多くの患者様に質の高い医療が提供できるようになりました。
 専門外来ならではの細かい指導により高いレベルで治療だけでなく、ケガをしない身体を作ることを目標とし、スポーツ障害の予防やパフォーマンス向上に勤めます。またトップアスリートに対する治療経験を生かし、更なる地域の健康増進や競技力向上を目指します。
 もちろん、運動能力が低下した高齢の方々にも社会復帰を目指したリハビリを提供しております。

帯広協会病院
帯広協会病院
心臓リハビリテーションセンター

帯広協会病院 循環器疾患(心臓病など)が発症、悪化すると、入院による治療が必要となります。その際、安静にすることで息切れや動悸といった症状は軽減されますが、一方で、筋力やバランス能力が低下するという問題が生じます。この問題を解消するために、心リハという考えが、近年脚光を浴びるようになってきました。
 しっかりとリスクを管理しながら運動することで、安全かつ効果的に体力低下を予防できることが証明されています。さらに、心リハでは循環器疾患の原因となった生活習慣を改善するための指導をすることにより、再発予防にも効果的といわれています。


最新鋭の血管造影装置を導入

 2018年8月、心筋梗塞や狭心症などの検査・治療に使用する血管造影装置を最新鋭のものに更新いたしました。
 検査・治療時間が短縮でき、結果としてX線被ばく量を8割も低減可能となりました。
 同装置を利用するカテーテル治療は近年増加傾向にあり、最新鋭の機器を導入したことにより、十勝の循環器治療に貢献できるものと考えております。


管内屈指の総合診療科

 総合診療科では個人、家族、地域それぞれのニーズに応じて幅広い診療体制を整えました。重症度や緊急性に応じて、各科専門医と連携して診療を行います。複数の症状がある場合、何科を受診したら良いかわからない場合など、様々な症状、疾患に対応しております。お気軽にご相談ください。病気を診るだけではなく、患者さん一人一人の悩みや、苦しみにも耳を傾けます。


無料低額診療について

 帯広協会病院では社会福祉法第2条第3項に基づいて「無料・低額診療事業」を行っています。無料・低額診療事業とは、外来や入院でかかる医療費の支払いが困難な場合、医療費を無料または低額にすることができる事業です。