帯広の病院

電子ブック 帯広の病院「電子ブック版」はこちら

公立芽室病院

所在地

〒082-0014 芽室町東4条3丁目5

電話番号

電話番号 0155-62-2811

時間

<受付時間>
■月~金 7:45~11:30 12:30~16:30 <診療時間>8:45~12:30 13:30~17:15(眼科・耳鼻科・歯科) 14:00~17:15(内科・小児科) 14:30~17:15(整形外科・産婦人科) ※曜日により休診あり。

診療時間
午 前
午 後

休診日

■土、日・祝日休診

診療科目

内科、小児科、外科、整形外科、産婦人科、放射線科、歯科、眼科、耳鼻咽喉科、リハビリ科、人工透析

ホームページ

公立芽室病院 特集記事

公立芽室病院

町の医療を支え、高齢化社会をしっかりと見据えた心が通う安心の医療を実現。

患者さんの喜ぶ病院、質の高い医療を心を込めて提供する病院を目指しています。地域の保険・医療・福祉の中核を担う責任を感じ、地域に信頼される医療を実践していきます。

院長 小窪 正樹
(外科・消化器外科・乳腺外科)
PROFILE

平成6年4月より公立芽室病院外科勤務、平成7年副院長、平成23年より院長に就任。下肢血管疾患、特に下肢静脈瘤を専門としている。

副院長 谷垣 学(産婦人科)
副院長 田中 俊英(内科)
名誉院長 宮本 光明
内科診療部長 唐澤 直子
内科診療部長 髙橋 邦康
内科診療部長 伊井 宏一
外科診療部長 野坂 哲也
外科医長 高橋 佳史
小児科診療部長 服部 哲夫
小児科医員 土山 厚志
整形外科診療部長 幅口 竜也
眼科診療部長 大西 通広
歯科診療部長 山上 修令

西十勝をカバーする芽室町唯一の病院

 開西病院は、医療の地域格差を解消し、十勝・帯広において整形外科の高度先進医療の提供を目指して、整形外科各分野のスペシャリストをそろえ、最新の医療機器、無菌手術室などを整備して開設されました。
 その後整形外科の充実はもちろんのこと、患者の皆さんのニーズに答えるべく周辺疾病の総合的医療提供を目的とし、内科・循環器内科・リウマチ科・外科・消化器外科・消化器内科・肛門外科、形成外科を増科し、現在に至っています。

公立芽室病院

公立芽室病院

公立芽室病院

受付の様子


下肢静脈瘤の日帰りストリッピング手術を初めて行った病院

公立芽室病院

ELVeS レーザー1470
(レーザー治療器)

 同病院は、いくつもの先進的な治療を取り入れています。中でも「下肢静脈瘤」の日帰りストリッピング手術を国内で初めて実践し、これまでに5000例を超える手術を行っています。
 「広く行われている確実な治療法のストリッピング手術に加え、2014年8月からレーザー治療も始めました。いずれも日帰りでの手術が可能です。患者さんへの身体的負担も少なく、日常生活への影響も少ないので、高齢の方にも安心して受けていただけます。」と話す小窪正樹院長。ストリッピング手術は術後1時間程安静にして歩行ができれば帰宅が可能。その後は、3日目と7日目に術後の診察をします。またレーザー治療は、静脈を焼灼して血流を遮断する治療法で、痛みも少なく、治療効果はストリッピング手術と遜色ない画期的な治療法とのことです。同院で導入しているレーザー治療器(波長1470nm)は、北海道内でも同院を含め2施設(2014年8月21日現在)のみの最新機器。しかも保険適応となっています。下肢静脈瘤は小窪院長の専門でもあり、評判を聞き全国各地から、患者さんがおしよせています。「足のうっ血が取れることで下肢の倦怠感やむくみなどが良くなるだけではなく、全身的にも生活の質が改善する場合もあるようです。下肢静脈瘤は放っておかずに、ぜひ診察をおすすめします。」と小窪院長は話します。同病院では、内視鏡を用いた手術や、消化器がん手術や乳がん手術のほか、白内障や歯周病など高齢者の疾患に対応できる医療体制がとられています。


WHO「赤ちゃんにやさしい病院」に認定

公立芽室病院

赤ちゃんにやさしい病院認定証

 公立芽室病院はユニセフ・WHO(世界保健機構)が勧告した「母乳育児成功のための10カ条」を実践する病院として「赤ちゃんにやさしい病院」に認定されました。全国で68施設(2014年6月現在)、道内では同院を含め3施設のみです。
 「地域で安心して出産、育児が出来る環境を作りたいという現場スタッフの熱意に支えられています。おかげ様で、遠方からでも里帰り出産を希望する妊婦さんも増えています。」(小窪院長) また小児科もあり、診療体制が整っていることも妊婦さんには好評です。
 同院で出産される妊婦さんを対象にした「おかあさん教室」を開催している他、母乳育児相談外来や、母乳育児を応援する育児サークルの活動など、妊娠から出産・育児まできめ細かなサポート体制が作られています。


地域包括ケアの中心的存在へ

 国が推進している「地域包括ケアシステム」(2025年を目途に、高齢者の尊厳の保持と自立生活の支援を目的としたサービス提供体制)に向けて、公立芽室病院も動き出しています。今後は地域包括ケアに向けた取組みを進め、芽室町の高齢者医療・生活支援の中心的役割を担って行くでしょう。「医師、看護師、技術者、事務、介護員…優秀なスタッフが揃って、チームで病院を支え、地域、西十勝を支える医療を実践して行きます。」と小窪院長。将来は在宅医
療にも目を向けていかなくてはと話します。
 北海道の小さな町で先進医療を提供しつつ、地域に暮らす人々によりそう心の通う医療を実践。芽室公立病院の未来は期待に満ちています。