帯広の病院

電子ブック 帯広の病院「電子ブック版」はこちら

帯広協会病院

所在地

〒080-0805 帯広市東5条南9丁目2

電話番号

電話番号 0155-22-6600

時間

■月~金 8:30~11:00(自動再来機は8:00~) 13:00~15:00(自動再来機は13:00~)
■第2・4以外の土 8:30~11:00(自動再来機は8:00~) ※平日でも診療科目により休診日、休診時間があります

診療時間
8:30~11:00
13:00~15:00

休診日

■第2・4土、日・祝日休診

診療科目

内科、消化器内科、循環器内科、呼吸器内科、小児科、外科、脳神経外科、整形外科、泌尿器科、産婦人科、耳鼻咽喉科、眼科、麻酔科(佐藤 紀)、リハビリ科、精神科、形成外科、救急科、病理診断科

ホームページ

帯広協会病院 特集記事

帯広協会病院

地域センター病院として、地域住民の信頼に応える。
安心できる医療を提供。

1937年(昭和12年)開設以来、帯広・十勝と病院として皆様とともに歩んでまいりました。皆様を満足させ、安心させられる医療を提供したいと考えており、そのために良好な医療の質の確保、気持ち良い施設、心のこもった接遇など果たして行くつもりです。職員一同、心を一つにして今後も努力してまいります。


自然に配慮した解放感あふれる施設

帯広協会病院は1937年(昭和12年)、北海道社会事業協会の3番目の病院として開設。以来、73年を経過し、帯広市はもとより、十勝管内に密着した地域医療を行う公的病院として、住民とともに歩んできました。

帯広協会病院

開設以来幾多の変遷を経て、1999年(平成11年)に新築移転。現在地は旧十勝支庁の跡地で、外観は周囲の景観敷地にやさしい色調のマンション風の建物になっています。また、病院内は建物全体が広々とした解放感あふれる造りになっており、従来の病院のイメージを覆すようなゆとりある空間です。施設内はバリアフリーで、「ハートフルビルディング」としての認定も受け、患者さんをはじめ、来院される方々をやさしい雰囲気で迎えてくれます。

帯広協会病院
帯広協会病院

質の良い医療サービス提供のために

当院は、内科・消化器内科・循環器内科・呼吸器内科・小児科・外科・脳神経外科・整形外科・泌尿器科・産婦人科・耳鼻咽喉科・眼科・麻酔科・リハビリテーション科・形成外科・精神科の診療科で診療を行っています。
最新の医療設備・機器を配備し、診療スタッフも招聘。より充実した医療を担う体制を整えて、地域住民に安心の医療提供をと心がけています。
帯広協会病院が行う医療も保健も福祉も、すべての地域の人々のためになされるものです。心身に不安を持つ患者さんが病院に何を求めているのかをじっくり考えながら、この施設を利用する方々が、何より質の良い医療サービスを受けられるよう努めています。信頼できる腕と思いやりの心、やさしい笑顔。日常の忙しさや、緊迫した状況にあっても、これらを常に反芻し、地域の人々に信頼してもらえる病院づくりを目指しています。


スポーツ医学・心臓リハビリテーションセンター

(平成27年1月10日より「スポーツ医学・心臓リハビリセンター」が開設されました。)

スポーツ医学リハビリテーションセンター

ここ十勝地区には夏季・冬季問わず北海道や日本のトップレベルで活躍しているアスリート、チームが存在しております。また、たくさんのスポーツ愛好家が生活の一部としてスポーツを楽しんでおります。当院では、2009年よりスポーツ外来を開設し、多くのアスリートのケガに対応してきましたが、従来のリハビリ室(2階)が手狭になったことから、移転に伴い当院9階の全フロアを改装し、当初のリハビリ室の3倍の広さになり、より多くの患者様に質の高い医療が提供できるようになりました。
専門外来ならではの細かい指導により高いレベルで治療だけでなく、ケガをしない身体を作ることを目標とし、スポーツ障害の予防やパフォーマンス向上に勤めます。またトップアスリートに対する治療経験を生かし、更なる地域の健康増進や競技力向上を目指します。

帯広協会病院
帯広協会病院
心臓リハビリテーションセンター
帯広協会病院

循環器疾患(心臓病など)が発症、悪化すると、入院による治療が必要となります。その際、安静にすることで息切れや動機といった症状は軽減されますが、一方で、筋力やバランス能力が低下するという問題が生じます。この問題を解消するために、心リハという考えが、近年脚光を浴びるようになってきました。
循環器疾患を有する方の「リハビリ」と聞くと、疑問に感じる方も多いと思いますが、しっかりとリスクを管理しながら運動することで、安全かつ効果的に体力低下を予防できることが証明されています。さらに、心リハでは循環器疾患の原因となった生活習慣を改善するための指導することにより、再発予防にも効果的といわれています。


乳房検査

マンモグラフィ検査
帯広協会病院

当院のマンモグラフィ検査は、画像診断科で精度管理中央委員会の認定を受けた女性技師が撮影を行っています。外部とは仕切られたマンモグラフィ専用の撮影室で、マンモグラフィ用の検査衣を着用してもらい、さらに看護師等の女性スタッフが必ず立ち会うなど、安心・安全な検査を提供するよう心がけています。

乳腺エコー検査
帯広協会病院

腫瘤の質的診断や、マンモグラフィでは発見が難しい乳腺に隠れた腫瘤の存在診断に有用なのが乳腺エコー検査です。
臨床検査科では乳腺エコー検査は女性技師が担当しています。乳腺エコーに携わる技師はJABTS 主催の乳房超音波実力試験の認定を受けています。各地で開催される勉強会にも積極的に参加し、技術・知識の向上をはかっています。


無料低額診療について

帯広協会病院では社会福祉法第2条第3項に基づいて「無料・低額診療事業」を行っています。無料・低額診療事業とは、外来や入院でかかる医療費の支払いが困難な場合、医療費を無料または低額にすることができる事業です。

〈対象になる可能性のある方〉
  1. 低所得者または低所得世帯で、医療費の支払いに困っている方
  2. 病気や障害などで収入がなくなり困っている方
  3. リストラや失業のため一時的に収入がなくなり困っている方
  4. 医療費の支払いをすると生活が困難になる方
  5. その他(ホームレスの方、破産者、外国人、DV 被害者など)

まずはお気軽にご相談ください。