帯広の病院

電子ブック 帯広の病院「電子ブック版」はこちら

帯広泌尿器科

所在地

〒080-2471 帯広市西21条南5丁目15-1

電話番号

電話番号 0155-38-2000

時間

■月~金 8:30~12:00 13:30~17:00
■土 8:30~12:00
■透析 月~土 8:30~17:00

休診日

■第一木曜日午後、日・祝日休診

診療科目

泌尿器科

ホームページ

帯広泌尿器科 特集記事

気軽に受診できる環境と苦痛を伴わない最新装置で患者さん本位の治療を推進

帯広泌尿器科

典俊会理事長
帯広泌尿器科院長
 
小谷 典之

医学博士、日本泌尿器科学会専門医

帯広泌尿器科

帯広泌尿器科副院長 
鈴木 一弘

医学博士、日本泌尿器科学会専門医


明るく快適な空間で最先端の医療を提供

 「恥ずかしい」という思いが先に立ち、受診が遅れがちになる泌尿器科疾患。患者さんが気軽に来院できるよう「帯広泌尿器科」では西帯広方面、「とかち泌尿器科」では東帯広・音更方面を担い、明るく快適な環境と最先端の医療の提供を心掛け、患者さんの信頼を得る診療を目指しています。X線照射で透視画像を見ながら腎臓から尿管、膀胱や尿道までの幅広い領域の写真を撮影できるX線テレビ、出産や加齢により女性に多く見られる尿もれ(軽い尿失禁)や頻尿に対応する干渉低周波治療装置、さらに「帯広泌尿器科」では特殊な衝撃波で結石を粉砕する対外衝撃波結石破砕装置なども完備。苦痛を伴わない患者さん本位の治療を推進しています。


痛みや出血量の少ない最新のレーザー治療

 また、高齢社会で増加している前立腺肥大症の治療に力を入れており、2014年6月に十勝管内初となる最新レーザー治療装置を「帯広泌尿器科」で導入。米国の前立腺肥大症手術では6割を超えるシェアを持ち、実例の中でその安全性と有効性が数多く報告されている装置です。痛みや出血量が少なく、早期退院・回復も可能になりました。
 「帯広泌尿器科」は入院病床18床、人工透析室10床、「とかち泌尿器科」は人工透析室15床を備え、尿路感染症、尿路結石症、膀胱炎などの一般的な泌尿器科疾患から、子どもの夜尿症や男性器に関する心配ごとまで、幅広く対応しています。お気軽にご相談ください。

とかち泌尿器科

最新レーザー治療装置で前立腺肥大症を治療