帯広の病院

電子ブック 帯広の病院「電子ブック版」はこちら

慶愛病院

所在地

〒080-0803 帯広市東3条南9丁目2

電話番号

電話番号 0155-22-4188

時間

<受付時間>産科・婦人科■月・水・金 8:30~11:30 13:30~16:30
■火・木・土 8:30~11:30  小児科■月~金 第1・3土 8:30~11:00
生殖医療科■月〜金 8:30〜11:00 13:00〜16:00 土 8:30〜11:00

休診日

■日・祝日休診

診療科目

産科、婦人科、小児科、生殖医療科

ホームページ

慶愛病院 特集記事

慶愛病院

満足できるお産から始まり思春期、老後まで充実した態勢で女性の一生をサポート。

婦人科一般診療のほか、子宮がんや性感染症などの各種検診・検査も行っています。サテライトのクリニックでは鍼灸も合わせた統合治療を実施し、更年期障害など幅広い悩みに対応します。お気軽にご相談ください。

院長 真井 康博PROFILE

日本産婦人科学会認定医、旭川医科大学臨床指導教授兼任講師
1969年 帯広柏葉高校卒業
1975年 昭和大学医学部卒業、昭和大学医学部産婦人科教室入局
1982年 昭和大学藤ヶ丘病院講師
1983年 国立伊東温泉病院産婦人科医長
1986年 医療法人社団慶愛病院副院長
2003年 医療法人社団慶愛病院院長


出産・育児、女性の悩みに対応

産科、婦人科、小児科を備えた慶愛病院では3つの大学病院と連携し、妊娠・出産をはじめ、女性のさまざまな悩みに対してより充実した医療を提供できる態勢を整えています。
「母親と父親が妊娠中から赤ちゃんと密接な関わりを持ち、満足できるお産、育児を目指してサポートしています」と真井康博院長。小児科外来は、午前の一般診療と月・水・金の午後に乳児健診と予防接種を医師2名にて行い、その他、妊娠から分娩までの様子をパネルや数々の資料で展示した分娩館、妊娠中のおっぱいのことや栄養に関わる相談室、産後の母乳の管理と子育ての悩みの相談に応じる「おっぱい赤ちゃん外来」も設けています。

慶愛病院

素晴らしい人生の始まりです


移動不要のLDR 室が好評

入院病棟は電動ベッドやテレビ、冷蔵庫などを備えた病室のほか、陣痛から分娩、回復までを一つのベッドで行えるLDR も5室用意し、産婦さんに大変好評です。さらに最新の分娩監視システムが、陣痛と胎児心音を常に見守っているため安心できます。
また、胎児の出生前診断にも役立つ最新鋭の超音波診断装置および4D超音波診断装置を導入。患者さまやご家族が、直接赤ちゃんの顔や手足の動きをリアルタイムで観察できる4D超音波診断は愛情を育むための検査で、 検査後には3D画像を数枚お渡ししています。分娩後同室となった母子が過ごすLDR には、スイートピー、ラベンダー、チューリップ、コスモス、マーガレットの花の名前が付けられ「お子さんが少し成長したとき、『あなたが生まれたのは、この花のお部屋ですよ』と出産の物語を伝えてほしい」との願いが込められています。

慶愛病院

「4D 調超音波診断装置」による
立体的な赤ちゃんの画像

慶愛病院

産科医などの話を聞き、
出産への意識を高める母親学級


入院中も退院後もしっかりサポート

同院は、全国29カ所の有名産婦人科病院で構成する「HIS 研究会」に所属し、来院される方に「あたたかい医療」を提供するために日々努力しています。
お母さんや赤ちゃんのケアや退院指導はもちろん、お父さんや祖父母への沐浴指導も実施。出産前後のお母さんにはエクササイズやヨガ、退院後1週間頃には育児の不安など電話で様子を伺うほか、母親同士の交流もできる「けいあいサークル」でのベビーマッサージなど、お母さんと積極的にコミュニケーションを取っています。
特に母親学級(両親学級)に力を入れ、産科医・小児科医・栄養士が出産・子育てについて専門の話をし、意識の向上を目指します。その中で同院が推奨する「ソフロロジー式分娩」の教室も開講。妊娠中から赤ちゃんをイメージして母性を深め、陣痛は産むための大事なエネルギーととらえることで、実際に痛みも軽く感じたと喜ばれています。


慶愛女性クリニック

西洋医学と東洋医学を駆使した統合医療

東洋医学は人を心と身体に分けず、常に一体で変化していくものと考えます。同クリニックでは、西洋医学に東洋医学と鍼灸も合わせた「統合医療」を用いて、内因性の疾患にも対応。女性の一生にわたる健康維持と、さまざまな不定愁訴の治療に役立つ診療を目指しています。

慶愛女性クリニックはこちらから


思春期・不妊外来も実施

同院では一般婦人科更年期思春期外来も実施しており、診察の際に女性医師を希望する場合には、三浦裕子副院長が担当するよう配慮しています。
思春期外来は小学生から高校生までを対象にした相談部門で、月経困難症(生理痛)、卵巣機能障害(生理不順)、性相談(性感染症、妊娠、避妊)等に関する悩みについて幅広く対応。「将来、安心して赤ちゃんを産むためにも、若いうちから自分の体に注意をはらい、正しい性知識を身に付けておくことが大切です」と力を注ぎます。また、不妊に悩む方のため一般不妊外来、旭川医大不妊専門医による不妊特殊外来を月1〜2回設け、相談に応じています。
このように医療法人社団慶愛は、安心でゆとりある出産、子育て、さらに健康で笑顔に包まれた毎日へ向けて、すべての年代の女性を生涯にわたり、力強くサポートしています。

慶愛病院

けいあいサークル

ベビーマッサージをしながら赤ちゃんとのふれあい、お母さま達と語らいのひとときを楽しく過ごせます。

慶愛病院

アロマセラピー

病院にいることを忘れてしまうほどリラックス。出産後はアロママッサージでおくつろぎいただけます。

慶愛病院

お祝いディナー

退院前にお子さんの誕生をお祝いし、ディナーのフルコースをプレゼントしています。