帯広の病院

電子ブック 帯広の病院「電子ブック版」はこちら

あがた内科循環器クリニック

所在地

〒080-0028 帯広市西18条南31丁目4-2

電話番号

電話番号 0155-49-0200

時間

■月〜水 8:30~12:00、13:30〜17:00
■木・土 8:30~12:00
■金 8:30~12:00、13:30〜18:00

診療時間
8:30~12:00
13:30~17:00(金/18:00)

休診日

■第二土曜日、日・祝日休診

診療科目

内科、循環器内科

ホームページ

あがた内科循環器クリニック 特集記事

あがた内科循環器クリニック 縣 潤

高血圧・糖尿病などの生活習慣病や心血管疾患をはじめ総合的な内科診療を提供

生活習慣病の治療は、将来の心筋梗塞や脳梗塞といった重篤な合併症の予防にとても重要です。健診で、血圧・血糖・脂質(コレステロールや中性脂肪)などの異常を指摘された場合はぜひご相談下さい。

院長 縣  潤PROFILE

1994年 札幌医科大学卒業
1998年 同大学院卒業(医学博士取得)
1999年 米国サウスカロライナ医科大学留学
2006年 帯広協会病院勤務
2012年10月 あがた内科循環器クリニック開院


病気は「治す」時代から「予防」する時代へ

私が循環器の医師として、地域の中核病院などで勤務していたころは、狭心症や心筋梗塞といった心臓の病気や腎臓の機能が悪くなり尿が出なくなる腎不全などの診療にあたっておりました。医学の進歩で心筋梗塞などの救命率はあがり、腎臓においても透析治療などで長生きできるようになりました。しかし一度心筋梗塞や腎不全になってしまうと元の生活にはもどれないことが多く、生活の質は落ちてしまいます。
このことから現在一番望まれる医療は命に関わる重大な病気になる前に、病気を早期に発見してその悪化を防止し、さらには病気にならないような健康な体を維持することです。高血圧などに代表される生活習慣病はあながち軽く考えられがちですが、長い年月をかけて血管を痛め心臓病や腎臓病の根源となります。検診で血圧や血糖が高めと言われた場合は、早めの受診をこころがけるようにお願いします。

あがた内科循環器クリニック 当院の北には国立帯広病院、帯広厚生病院、東には帯広協会病・帯広第一病院、南には北斗病院と、帯広の中核をなす大病院があり、当院はそのほぼ中心に位置し、比較的大きな道路でアクセスが可能な場所にあります。地域医療ネットワークのシステムも導入し、患者さんの中核病院での処方内容や画像所見などを参照でき、さらに当院にはない大がかりな検査機器の使用も電話1本で可能なため、日々の診療に非常に役立っております。


医師・スタッフ一体となった診療体制

生活習慣病や循環器疾患の患者さんは、食事・運動・薬物療法など長期的な診療が必要になります。当クリニックでは医師ばかりでなく看護師、受付スタッフも電子カルテなどで患者さんの情報を共有し、栄養管理や日々の患者さんの雰囲気などから異常のサインを早期に見つけ、治療に生かせるように取り組んでおります。
クリニック全体で一人の患者さんをフォローさせていただき、いつまでも健康をキープしてもらえるようにすることが、当クリニックに従事しているスタッフ全員の願いです。